hoge
>> Home> ボランティア      

日本語教師やりませんか!!

NORIKO学級は常駐の日本語教師がいないため、ボランティア教師の支援で授業を行っています。そのため、NORIKO学級で日本語を教えてくれるボランティア講師を常時募集しています。

講師といっても、資格・技能は不要です。遊んだり、日本語で話すだけでも、子供たちは大喜び。1日からでも大丈夫なので忙しい社会人でもバックパッカーでも大歓迎!!必要なのは"やる気"です。基本的に自力渡航ですが、ロシア旅行社のツアー(3月,9月)もあります。

>>ボランティアブログ(現地から更新)はこちら



ボランティア募集要綱  【PDF版-132KB】

▼活動内容
ウズベキスタンのリシタンにあるNORIKO学級にて、日本語の授業や日本文化の紹介、レクリエーション活動。活動形式の指定はなく、ボランティアの裁量で自由に活動を行えます。
※近隣の大学、高校なども訪問できます(応相談)

▼滞在期間
1日〜でも子供たちは大喜び。バックパッカーのような長期旅行者、観光目的の短期旅行者、年齢性別問わず誰でも大丈夫です。長期滞在者大歓迎!!
※1ヶ月以上滞在の場合、要インビテーション(ガニシェル校長が発行し,約50$を現地で支払う) 

▼活動時間
平日の9時から5時まで、やってくる子供を随時教えます。(土,日,祝日は休み)
※ウズベクの学校は半日授業のため、午後授業の子供は、午前中はフリーなので、NORIKO学級にきます。

▼教室の環境
机、椅子、黒板、平仮名・カタカナ表、カルタ、CDラジカセ、絵本、クレヨンなどがあり、自由に使用できます。

▼宿泊環境(宿泊費の一部は運営費に充てさせて頂きます)
NORIKO学級では、ボランティア講師の方のために、提携宿泊施設と一般民家を宿泊場所として用意しております。宿泊をご希望の方はどの施設を利用するかをガニシェル校長にご確認下さい。また、下記の価格は09年8月現在のもので、現地事情により変ることもあります。

>料金(いずれも3食つき)
・10日以下-20US$/1泊
・11~29日-15US$/1泊
・30日以上-13US$/1泊

>民泊
宿泊家庭によって環境(トイレ・シャワーの状態など)が異なります。詳しくはガニシェル校長にお問い合わせ下さい。

>提携宿泊施設
2003年に完成した宿泊施設です。個室、シャワー・トイレ完備ですが、NORIKO学級までは、自転車で約10分の距離にあります。

>外国人滞在登録(レギストラーツィア)
ウズベキスタンでは、宿泊に際して外国人滞在登録が必要になります。NORIKO学級では、30日以下の場合は外国人滞在登録が可能です。また、30日以上の場合は、別途インビテーションが必要です。詳しくはガニシェル校長にご確認下さい。

▼申し込み方法
以下の【ボランティアの注意事項】及び【個人情報取扱い規則】をよく読んだ後、下記の申込みフォームに必要事項を記入し、メールにてお申し込み下さい。


▼注意事項

・航空券(往復約10万円)や国内移動費,滞在費,ビザ代など諸経費は全て自己負担です。

・ウズベク入国にはビザが必須。事前に大使館でビザを取得して下さい。ビザの詳細はこちら

・乾燥していて過ごし易いですが、寒暖の差が激しいです。(夏50℃、冬-10℃)

・撮影禁止地点(軍施設,トンネル)で撮影した場合、カメラ没収の可能性有り。事前確認して下さい。

・RJCは現地での事件・事故・その他の責任は一切負いません。自己責任での行動をお願いします。

・ガニシェル校長は私財の青年センターに寄付を要請する場合があります。応じる場合は寄付先を確認願います。



【申込みフォーム】

  • 1.お名前:
  • 2.性別:
  • 3.年齢:
  • 4.緊急連絡先(TEL):
  • 5.E-mail:
  • 6.職業※任意です。(学生、社会人、教員、日本語教師、主婦、その他)
  • 7.日本語教師の経験---有りの場合は期間も
  • 8.現地到着予定日、及び滞在予定期間:
  • 9.現地でのスケジュールやご要望があればお書き下さい。

<申込先>
NORIKO学級 校長:ナジロフ・ガニシェル
e-mail : nazirovganisher@yahoo.com(●→@)
※メールを送信された方は、ボランティア募集要綱個人情報取扱い規則に同意したと解釈いたします。
※ガニシェル校長は日本語堪能ですが、読み書きが苦手です。メールはローマ字でお願いします。